常陸第三宮 吉田神社

神葬祭

神葬祭の発源

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s神道における葬儀形態「神葬祭」が明らかになったのは、江戸時代中期頃の国学者・儒学者達の研究によるものです。江戸時代は徳川幕府の宗教政策(寺社制度など)により、徳川光圀(黄門さま)でさえ神葬祭を望んだにもかかわらず実現には至りませんでした。

詳細はこちら

秋季例大祭

例大祭

kitune_mini
例大祭  午前11時御社殿において大祭を斎行し、夕方(6時)からは境内に山車が集結し、お祭り広場としてお囃子の競演をします。

 

 

詳細はこちら

新嘗祭

145f027fdffd5886b84f30a322e09b10_s
新嘗祭は、古くから天皇がその年に収穫された新穀や新酒を、天照皇大神をはじめとする天神地祇に供え農作物の恵みに感謝し、自らも食する儀式でした。律令制度のもと11月の2番目の卯の日に新嘗祭を行うことになっており、天皇が即位した最初の新嘗祭を大嘗祭と呼び、天皇の即位を天下に知らしめる大きな祭典となっています。

詳細はこちら

Return Top